.

建築士のメリット(ウイズダム)に関する各コンテンツ

(クリックすると目的の情報にジャンプできます。)

1.ハウスメーカーや工務店やよりも安く抑えられるって本当?

本当です。実際ハウスメーカーに勤めておられた方や、家族がハウスメーカーに勤めておられる方や、何軒もいろんな建築会社で見積もりを出してもらったが予算に合わないと当事務所に来られる方がたくさんいらっしゃいます。

それは「オープンシステム」という建築費削減システムを採用しているからです。

このシステムは元々、一人の建築家が、依頼された店舗の予算が工務店の見積もり納まらず、困っていたところ工務店を通さず、建築家が自分で直接工事をする業者から見積もりを取って工程を管理したところ予算よりかなり安く納まり、建築主からも喜ばれこの方式を広めたらどうかと勧められ、全国の建築家に声を掛け、保険制度などを整備し、一般の建築主にも採用できるようシステム化したものです。

(普通は設計事務所に仕事が来た場合、設計後、数社の工務店に競争見積もりを取り、技術力や価格で工務店を選び工務店が建てます。)

この直接工事業者に発注するという方法は、工事関係者が自分の家を建てる場合によく使う方法で、特別な発注形態ではないのですが、(外国ではよく使われる発注の仕方です。)万が一事故などが起こってしまった場合のことを考えると、一般のお客様には広める事ができませんでした。

しかしオープンシステムでは建築士のネットワークや保険制度の整備によりそれが可能となりました。


2.自分達の要望もうまく取り入れてもらえる?

もちろん法的、建築的に可能な限りご要望を取り入れていきたいと考えています。

TV番組の「ビフォー・アフター」(オープンシステムの仲間も出ています)などで建築家が活躍していますが、ハウスメーカーや一般的な工務店ではあまりしない、構造的なことから、細かなことまで工夫することは設計事務所の得意とするところです。

特にオープンシステムでは建築家が設計のみならず、工事の工程まで管理しますから(普通は工務店の現場監督がします。)頻繁に現場に通い、細かいところまで指示できます。

ご要望を取り込んだ設計の意図が反映し易く、小さな変更なら現場でも対応できます。


3.建築主はどこまで考えておけばいいの?

建築主の方によって様々です。

こんな暮らしがしたいと明確なご要望をお持ちの方(例えばお掃除ロボを使いたいとか、トイレの床を水洗いできるようにとか、狭小地で周りが建て込んでいるけど明るい家にしてとか、雨が降っても洗濯物を気にせず干しておける部屋が欲しいとか、たくさんある敷物を場所を取らず出し入れし易いようになど)

「こんなふうに住みたいから、なんとか考えて欲しい。」という依頼の仕方で、これは建築家のアイデアを引き出すには良い方法だと思います。

またご自身で間取りを考えてこられる方もいらっしゃいます。最近は簡単に間取りが描けるソフトも出ていますので、楽しんで描いた3Dを持ってこられる方もおられます。
(あるおばあちゃんは方眼紙にとてもきちんとした間取りを手描きしておかれるので尋ねてみると「畳のサイズで考えるんですよ」とのこと。毎回楽しんでいろんなプランを考えてくださいました)

構造上の問題や整合性などは打ち合わせを重ねる中で考えさせていただきますのでいろいろ楽しみながら考えていただければ良いと思います。

雑誌や印刷したものをいっぱい切り抜いてこられる方もおられます。言葉だけではイメージが伝わりにくいのでどのようなものを求めておられるのかとても参考になります。統一性などは設計が進む中で考えていきますので、いろいろ夢を膨らませ楽しんで集めてきてくださると助かります。

建材にも凝られる方もいらっしゃいます。

最近はネットでいろいろ調べられますのでこんな建材を使いたいとあれこれ調べてこられる方もいらっしゃいます。予算や工法上問題がなければできるだけ対応させていただきます。

たいていの方にとって家づくりは一生に一回の一大イベントです。経験やノウハウを活かし、建築主のご家族と一緒に満足度の高い家が建てられるよう一生懸命に考えさせていただきます。


4.土地探しのアドバイスもしてもらえるの?

無料で相談に応じています。

ご相談時には、土地に関する資料や住宅に関する要望書などをご持参ください。一緒に現地まで見に行き建築家の目でアドバイスさせていただきます。

過去にも一軒の家の土地を決められるのに何箇所も見に行く事もありました。ご遠慮なくお申し出ください。


5.ワンプラン作成料が無料って本当?

初回のワンプラン作成料は無料です。

初回の設計までは、まずはお出会いして話をする中で写真や実際の建物を見ていただき、ウイズダムデザインに頼めばこんな建物が建つ、こんな考え方をしている、オープンシステムって何?など疑問や質問、事務所の雰囲気などを知っていただく期間と考えております。

(こちらでは建築予定地周辺の環境の確認、役所で敷地の法規制の調査などを行い、プランを考えますので2週間程時間をいただきます)

その上で出来上がったプランと共に、依頼のご判断をしていただければと思っております。しつこい営業はいたしません。お気軽にお申し付け下さい。

初回のプランでほぼ全てが決まるなどというものではありません。設計は10回程度の打ち合わせを目安にしています。その中でじっくり、ご要望の中で優先順位の高いものは何か、何が必要か、予算に収める為にどうしたら良いかなど建築主と一緒に考え、設計をすすめていきます。


6.家の構造に関しても高い知識を持っている

自由な空間作りや、耐震等級3(最高グレード)を目指すには構造計算ができ、豊富な経験が必要です。

建築基準法では家の構造を規定しており、全ての建物は建築基準法を守らなくてはなりません。
この法律の中には家の構造についても規定されていますが、これは最低限の仕様を規定したものです。最低限の仕様を守っただけの家では

例えば耐震等級3にするためには壁が(耐震等級1の)1.5倍必要になってきます。そのため1階に大きな空間が欲しい場合、梁を太くする必要もでてきます。何度も梁や柱の太さなどを計算しなおしてより良い構造を考えます。

ウイズダムデザインでは構造を現しにして天井を張らない仕上げをよく用いますが、建物の外観を大きくしないで(コスト削減や2階建てでロフトを取るときに有効)内観の天井高が高く見え、圧迫感がないようにする工夫のひとつです。

施工事例
左写真は1階に広いリビングをとり、耐震等級3にするため写真のような太い梁を用いています。

右写真の家は1階上のロフトと2階上のロフトがあり、2階建て4層の建物です。

施工事例2
写真はどちらも2階リビングで同フロアー上にロフトがあり、その上に2階の部屋がある(ロフトと部屋を逆転させた構造)左写真は2階建て3層、右写真は3階建て4層の構造でどちらも空間を最大限活かす配慮をしています。(耐震等級3)


7.設計段階から完成・アフターまで協力し続けてくれるパートナー

当事務所では営業、設計、工事など分業方式で担当者が変わるのではなく、設計の段階からアフターまでずっと同じ者が担当する方式をとっています。

分業方式では営業が建築主と話しをし、設計士や工事監督はその場の話を聞いていないので建築主が「何をされたいのか」「何を意図してこのようにされているのか」などを深く理解せず図面が描かれ、工事が進むことになります。

企画の中からの組み合わせならそれでも良いのかもしれませんが、当事務所のように自由度の高さを実現しようとする場合分業方式では不可能だからです。

構造が複雑になれば当然構造を理解している者が建築主の話を聞かなければ提案もできませんし、特別な細部の仕上げになると図面だけでは描ききれないこともたくさんありますし、軽微なことでしたら工事中に変更ということもあります。そのようなことに即時に対応できるよう、担当者が全工程を見るという方式を取らせていただいています。

担当者にとっても、自分が設計から完成まで建築主の方のパートナーとして担当した家ということで、思い入れも深く、建ててしまったら終わりではなく、近くに行けば少し足を延ばして見に行ったり、建築主の方からもご連絡を下さったり、ホームページを見たと見学会に遊びに来てくださるご家族などもいらっしゃいます。

引渡し後も担当者と気軽にご相談いただける関係が続き、オープンシステムで決められている2年点検なども同じ担当者が診させていただきますので安心です。


8.コストパフォーマンスの高い家がつくれるって本当?

ウイズダムデザインでは建築費の削減に力を入れていますが、ローコスト住宅を建てようとしているわけではありません。
家はいくらで建てたかだけでなく、建てた後住み続ける上でいくら掛かるかを考えて選ぶ必要があります。建物の耐久年数、メンテナンス費、家の光熱費など住み続けるために必要な金額を考えなければ「安物買いの銭失い」になってしまいます。30年後、50年後には大きな差になって現れてきます。
ウイズダムデザインでは過去の平均坪単価では60万円代の家が多いです。質にこだわり、費用対効果の高い家を目指しています。

1.長持ちする家造り

長持ちする建材、メンテナンスフリーの期間が長い建材をお奨めすることにより、将来のメンテナンス費が抑えられるように配慮しています。

またフローリングにも3cm厚の杉の無垢材を標準仕様としています。暖かく、柔らかく、湿気を調整するので快適な空間をつくる反面、傷つきやすいですが、一般的なフローリングは20年もすると表面がめくれてきて下のベニヤが見え、どうにもならない劣化が進みますが、無垢材のフローリングは古い寺社でも見られるように、凹んでも表面がめくれてしまうことはなく、経年変化として長く使うことができます。

2.光熱費を抑える家造り

断熱材に断熱性・調湿性の高い建材を標準でお奨めしています。

セルロースファイバーのみならず、構造材にも断熱性・調湿性の高い国産無垢材、外壁材にも断熱性の高い建材を標準にお奨めしています。

サッシはlow-eガラス、屋根や外壁に通気層を取り、窓には庇(ひさし)を設けるなどいろいろな手段で断熱することを標準としていますので、快適で光熱費が大変安いと喜ばれています。

またこれらの調湿性の高い建材は建物の耐久性で一番問題となってくる結露にも有効です。

3.地震に強い家造り

家には家族の命と財産を守る使命があります。耐震性能の高い家にするため基礎や構造に費用を掛ける事をお奨めしています。

基礎のトップ筋を曲げ加工し、基礎の線弾力を高めています。曲げ加工をした鉄筋を用い、含水率の少ないコンクリートを使用、バイブレーターの2度掛けで強く、空隙の少ない基礎コンクリートにしています。基礎ごとにコンクリートのサンプルを抜き取り破壊試験をして強度が十分に出ているか確かめます。

標準仕様で地中梁工法をお奨めしています。それにより高い強度や 耐震性が保たれます。また、地中梁を施工していれば基礎の立ち上がりを切っても強度が保てるので、床下、点検・メンテナンスが容易に行うことができ維持管理がし易くなります。

4.住み続けられる家造り

構造材には樹齢80~100年以上の国産無垢材を使用をお奨めしています。

無垢材は樹齢年数は強度を保ち、それから徐々に落ちていくと言われます。約2世代住める家を目指しています。

(余談ですが、法隆寺の芯柱のヒノキは樹齢2000年程と言われています。今で築1300年ほどですから、後700年はもつであろうと言われています。メンテナンスの為に西岡棟梁がカンナを掛けられたら「伐りたてのヒノキの香りがした」と語られています。)

耐震等級3(最高グレード)を標準にお奨めしています。

耐震等級1が阪神大震災クラスの地震で倒壊を免れるであろうとされている耐震グレードです。(耐震等級3はその1.5倍の耐震性能です。)どれ以上が過剰設計になるのか判断は出来ませんが、これだけ巨大地震の予測される中、年数が経つと耐震性能も落ちていくことを考えれば、できるだけ高いグレードにしておくことは賢明ではないかと考え標準仕様としてお奨めしています。

5.価格を抑える家造り

オープンシステムを使って直接契約、直接購入により下請け制度で生じる経費やマージンの上乗せなどの無駄を省いています。

「建築主の支払われる費用は家のためにつかわれる費用であるよう」営業マンや、TVコマーシャルやチラシなど必要以上に多額の、それらが無くても家が建てられる、いわゆる『無駄な経費』をできるだけ小さくするよう努めています。

これまでの多くのお客様はホームページでの案内やOBの建築主の方のご紹介や、完成見学会のお越しくださることなどによりご依頼下さっています。


9.設計士との会話は敷居が高くないし、気難しくも無い

よく「自分の家を建築家に頼むとは思ってもいなかった。」とか「敷居が高いと感じていた。」とか「インターホンのボタンを押す手が震えた」、「建築家に頼むなんて高くつくし、スターの家とか、ビルとかだけだと思っていた」などと、建築主の方が後で笑いながらそんな話を聞かせてくださいます。

建築家は技術畑出身の人間がほとんどで、ハウスメーカーの営業マンの様なトークができる人はほとんどいませんし、営業独特の低姿勢な話し方はしないかもしれませんが、仲間を見ていても、実は建築家は「建物が建てたくて仕方ないという人種」ではないかと思えるくらい家の設計をしたくてうずうずしていますから、「敷居が高い」などと思っていただく必要はありません。

ただ相性などはあるでしょうから、『無料』の期間内(当事務所でしたら初回のプラン作成まで)にご判断下さったら良いと思います。ウイズダムデザインでは予算がこれだけと決まっていれば、その範囲で考えさせていただきますので、ご自身で予算が少ないのではないかなどと杞憂される必要はありません。


10.建材についても知識を幅広く持っている

ウイズダムデザインでは、最近は木の家にこだわり「人が住む家」としての建材は自然素材が良いとお奨めしていますが、これしか建てないというわけではありません。

建物にはそれぞれの用途があり、その用途に最もふさわしい建材、またその時代のニーズに応えた建材を使うべきだと考えています。(今の時代でしたらエコロジーでエコノミーな建材でしょうか)
構造的にも木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなどいろいろ選んでいただくことができます。

日進月歩でいろいろな建材が開発されていますので、その全てを知っているわけではありませんが、ハウスメーカーや不動産会社の家のように決まった選択肢の中から選ばなければならないという規制は設けていませんので、こだわりを持っておられる建材、使って見たい設備などがありましたら遠慮なくおっしゃってください。

できる限りご要望をかなえられるよう努力いたします。

ウイズダムデザインの施工実績集