.

『使い続けられる家』をつくっていくこと

じっくり考えるとメリットが多い!「ロングライフ自然素材住宅」の提案

一般的に100年を考えた家を提案している工務店なら坪単価75万~80万円以上の見積もりは普通です。
しかしオープンシステムを採用している当事務所では直接契約などで無駄を省いた建築費により
ロングライフ・自然素材住宅は過去の平均で60万円台後半(設計料込み)の価格で建てることが
できます。
この家でお奨めしている建材はメンテナンスフリー期間の長い建材です。また自然素材ですので
古くなっても『経年変化』と呼ばれ古民家や神社仏閣で見られるようにある時点までは古さが
『深み』や『風格』に感じられる変化になります。これに対して『劣化』はビニールクロスなら
黄ばんで剥がれ、貼り物の木(樹脂で固めたフローリングなど)は表面がめくれ中のベニヤなどが
見え『とうてい風格とは言えない変化』になります。これは構造、屋根、外壁全てに渡って言える
ことです。
日本の家が築30年程で建替えられている理由は質の低い建材、リフォームしにくい構造などが原因
です。建った時は同じようにきれいでも時間が経てば大きな差が出てきます。
(もちろん自然素材の建材もメンテナンスは必要ですが、頻度やかかる金額が違ってきます。)

自然素材の家を長く大切に住み継いでいければ資源の消費量は少なく、日本の美しい山を守れ、
子供たちの未来の為にも有益です。それ以外にも次世代のことを考えて家を建てる人が増えれば
長持ちする家の不動産的価値は見直されていくと思います。(国ではそのような方向へ進めて
いこうとしています。)現状ではどんな家でも20年建つと不動産的価値は0と評価されているよう
ですが、若い人たちが古い町家や古民家に価値を見い出してきているように、長期に渡る住まい
という視点で建てられた家は『中古物件』となっても3R〔リデュース(廃棄物の発生抑制)・
リユース(再使用)・リサイクル(再資源化)〕に目が向けられている今、一般的な住宅とは区別され
再評価される時代が近い内に来ると考えています。

ウイズダムデザイン代表


掲載等

・Architecture Magazine at 〔雑誌〕
・イエヒト〔雑誌〕
・スッキリ(日本テレビ)の『スッキリハウジング(隠して快適 スッキリハウス)』のコーナー/平成23年3月放映


経歴

愛知工業大学卒 建築工学科
昭和54年3月卒業
材信工務店
昭和54年4月入社
昭和56年5月退社
菱弘工業
昭和56年6月
昭和57年2月 一級建築士取得
昭和58年3月退社
海藤建築事務所
昭和58年4月入社
昭和62年9月退社
慶建築工房
昭和62年10月入社
昭和63年9月退社
二村建築研究所
昭和63年10月入社
平成4年3月退社
究アソシエーション設立
平成4年4月
ウイズダムデザイン
平成8年5月社名変更
現在に至る

取得資格

・1級建築士
・インテリアコーディネーター
・古民家鑑定士一級
・伝統資材施工士
・古民家鑑定士SPインストラクター
・動的耐震診断士
・グリーン建築認定員
・住育検定合格
・福祉住環境コーディネーター2級
・滋賀県木造住宅耐震診断員
・滋賀県震災建物 応急危険度判定士
・住宅省エネルギー施工技術者講習修了
・ハウスジーメン住宅瑕疵担保責任保険 現場検査員
・既存住宅インスペクター

所属団体

・公益社団法人 滋賀県建築士会
・公益社団法人 インテリア産業協会
・一般社団法人 古民家再生協会滋賀
・一般社団法人 グリーン建築推進協会
・一般社団法人 既存住宅インスペクター教育研究会
・オープンシステムネットワーク全国会議 正会員
・NPO 楽しい家づくり研究会


ウイズダムデザインの施工実績集