.

分離発注と一括請負の各項目比較表

オープンシステム
分離発注
ハウスメーカー・工務店
一括請負
価格

設計

施工期間

管理と監理

契約と工事費支払いの手間

事故補償


各項目の説明



価格面:自分で考えるか、業者にお任せするかが見極めのポイント

オープンシステムの場合
オープンシステムでは一本の柱から全ての価格がオープンとされ、
直接実際工事をする業者ち契約できるので、中間経費・マージンがカットできます。

経費がかからないとなれば工事原価で契約ができます。
また業者の見積もりも全て開示されるため建築主と設計士の二人三脚で業者を価格と技量で選べます。

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合

一括請負の場合、各業者の実際の見積もりは開示されないため、中間経費などが多重に掛かかっている場合があります。

また大手ハウスメーカーの場合、CMなどの広告・営業費用が最終的に家の購入代金として乗せられるため、実際の家の施工金額よりも価格が高くなります。

価格を最優先にした場合どちらがいいの?

逆にローコスト系のハウスメーカーに気に入ったものがある場合は、建てる金額は大量入荷するためそちらの方が安くなります。ただ家はメンテナンスをしながら長く使う物です。頻繁にメンテナンスを行わないと長く住めない家では返って高くつくことも考えないといけません。



設計:こだわりの家を作るか、決まった家を建てるか

オープンシステムの場合
建築士が一から設計していくため、自由度の高い自由設計が可能となります。

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
ハウスメーカーは規格品で家を建てるというのが元々の発想なので自由設計といっても既にある程度決まっている場合が多く、どうしても選択の幅が狭かったり画一的であったりします。
工務店の場合は力量はいろいろでで過去の建物を見て判断する必要があります。

規格の範囲を越えて一から設計を頼む場合は、いずれも設計事務所に依頼するので余分に費用がかかります。

設計を最優先にした場合、どちらがいいの?
家を「一から自分のこだわりで作りたい」場合は、ハウスメーカーや工務店でも設計士に依頼することになり、ハウスメーカーなどではそのようなシステムで動いていないため高くつきます。
こだわりの家が建てたい場合は設計事務所が一から考え直接契約できるオープンシステムが最も安く建てられるといえます。

家造りで悩みたくない場合、どちらがいいの?

ハウスメーカーに依頼するのと設計事務所に依頼する違いは、食事で言えばコースメニューで頼むか、アラカルトで頼むかのような違いがあります。

オープンシステムではもちろん設計士がサポートしますが、自分たちで選ぶ必要が出てきます。(追加費用無しに設計士に任せることもできます。)

家造りに労力を払わず、無難な家を建てたい方にはハウスメーカーの方が向いているといえます。



作業の流れ:連絡が最短距離なオープンシステムと複数人を通す一括請負

オープンシステムの場合
設計士⇒各業者へと作業が進んでいきます。
その為設計の意図が反映し易く、変更に対応し易いです

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
一括請負の場合、依頼者と請負側の窓口が営業マンになるため、変更がある場合は営業⇒設計⇒工場⇒下請工務店⇒各業者になっていきます。

規格に則った家であれば、ハウスメーカーは工場生産された部材を用いて造るのでスムーズで後期が短くて済みます。細かい変更などは現場判断で作業が出来ません。



施工期間:フルオーダーとセミオーダーの差が期間に出ます。

オープンシステムの場合
設計を一から考え、フルオーダーで職人による手作業も多いため施工期間が長くなります。(細かな変更は対応しやすいです。)


ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
既に決まった家やプランで設計が行われるため、既製品を使うためシステム化され効率が良いです。

規格を外れることを要望すると設計・見積もり・施工全てに時間がかかります。



管理と監理:第三者としての監理 or 身内監理


工事を進めていく上で「次はどの業者が入る。どの建材を入れる」などスムーズに工事が流れるよう『工程を管理する作業』と各業者の作業が設計通りきちんと行われているか『工事を監理する作業』があります。これがきちんと行われていないといわゆる『手抜き工事』などの欠陥住宅につながります。

オープンシステムの場合
設計士が工事の工程を『管理』します。

『監理』に関しては各業者と建築主は直接契約の為、各業者と設計士の金銭的利害関係が無く、設計通りに工事が行われているか設計士が『第三者の立場で監理』します。

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
現場監督が工事の工程を『管理』します。

通常『第三者による監理』はありません。
施工会社が身内でもあるため、信じたくはありませんが作業のチェックの甘さや、利害関係などが発生することもあります。

第三者の監理と身内の監理どちらがいいの?
工事費が安く上がれば儲けにつながる身内の監理にはどうしても甘さがでます。それは大手ハウスメーカーでも同じです。
言うまでも無く第三者による監理がいいでしょう。(『欠陥住宅』などのワードで検索すると多くの事例がでてきます。)



契約と工事費支払い:各業者毎に支払う or 数回での支払い

オープンシステムの場合
建築主が各業者と個別に契約します〈設計士がサポートします)。

契約は契約会でまとめてほとんどの各業者と契約していただきます。
各業者の工事終了後に送られて来る請求書に、工事が設計通りできているか設計士が査定後、建築主に渡します。建築主の方は各業者に出来高払いでお支払いしていただきます。(大工は工期が長いので毎月払い)

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
元請会社と契約し数回に分けて支払いを行います。

オープンシステムとは違い各業者と契約しているわけではないので、支払いの手間は最小限で済みます。

支払いに関して、どちらがいいの?

各業者に支払わなければいけないけれど無駄な経費が乗ってない方が良いか、
経費を払っても支払う手間が少ない方が良いかは建築主のご判断です。



事故補償

オープンシステムの場合
オープンシステムで事故が発生した場合はオープンシステムの保険が適用されます。

保険の支払い例や仕組みなどは下記を参照下さい
オープンシステムの保証内容について

ハウスメーカー・工務店などの一括請負の場合
元請け会社が加入している保険が適用されます。



ウイズダムデザインの施工実績集