.

9月17・18日(日・祝)構造見学会

9月17・18(日・祝)『山賀の家』の構造見学会を行います。
この家のテーマは『自然素材を使った健康を考えた家』です。




構造材には日本三大美林(人工林)静岡県の天竜杉を使用しています。
芯部に赤身があるため水やシロアリに強く、抗菌性があるという特徴があります。




ウイズダムデザインでは標準仕様で下記の提案を行っております。
今回の「山賀の家」でご覧いただくことができます。

・構造計算、省エネ計算を行なっている長期優良住宅仕様の家です。
・通し柱は大きな力が掛かるので五寸角(15cm角)以上の柱を用いています。
・大きな地震では、土台から柱が引き抜けることがあります。
 それを防ぐため土台には12㎝柱を差し込んでいます。(一般的な家は6㎝です。)

・耐震等級3(最高等級)
・劣化対策等級3(最高等級)
・維持管理対策等級3(最高等級)
・断熱等性能等級4(最高等級)
・BELS☆☆☆☆☆(最高ランク)






基礎のコンクリートは水分量を少なくし、
割れにくい強度の高いコンクリートを使用しています。
外側のコンクリートを一般住宅より2㎝厚くして、
コンクリートが酸化し劣化することを遅らせるようにして耐久性を上げています。


構造材は樹齢80年~100年の国産無垢材の杉を使用しています。
自然素材の家は古びても『経年変化』の味わいが出て長く住むことのできる家となります。
古民家や町屋、古い寺社などは古い良さがあります。
この『山賀の家』も100年は住むことのできる資産となる家を目指しています。


家で最も大切なのは基礎と構造です。
この機会にぜひ実物をご覧になって、いろいろ質問などをしてお確かめください。

どこにも売っていない『杉の香る鉛筆』のプレゼントもあります!


お手数ですがご予約下さい。
当日の☎ 080-4722-3509(上原)

ご家族皆様でお気軽にお越しください。

この日以外でも日程が合えばご覧いただけますので
お気軽にご連絡ください。

ウイズダムデザインの施工実績集