.

18.圧縮強度試験(立上り部、1週)、雑コンクリート打設

14.09.05

 

8月28日に打設した立上り部分の基礎コンクリートについて
1週目の強度試験の立会を行いました。


計画調合強度は30N/mm2です。

テストピース1本目 27.1 N/mm2

テストピース2本目 27.8 N/mm2

テストピース3本目 28.5 N/mm2

 

平均値        27.8 N/mm2

試験の結果、計画調合強度の約0.92倍 という結果が出ました。

順調ですに強度発現していますkigou
 

—————————————————————–

現場では基礎屋さんに雑コンクリートの施工を行って頂きました
雑コンクリートとは構造とは関係ない部分のコンクリートの事です。
例えば、玄関土間の嵩上げや玄関ポーチのタイル下地などです。


お施主さんご要望の「趣味室」です。
楽器を演奏されるとのことで他の部屋への振動対策として床に
20センチ以上断熱材を入れ趣味室と別の部屋との縁を切っています。
この断熱材の上にもう一度土間を打ちます
部屋を浮かせるというようなイメージです。

 


打設時に降雨の可能性があったのでブルーシートをかけてから
打設を行いました。

基礎屋さんの作業は、後日雑コンクリートの型枠を脱型し完了です。
基礎屋さん、天候に影響される工事の中で予定通り工事を進めて
いただきありがとうございました
もう少しで基礎工事完了です。最後までよろしくお願いします 
 

ウイズダムデザインの施工実績集