.

・杉の香りで脳がリラックスすること

・杉が空気をきれいにするので集中力が持続しやすいこと、

・湿気をコントロールしてくれるので快適な上、
抗菌効果があり、相乗効果でダニやカビを軽減すること
インフルエンザの羅漢率が低いこと

・杉は小さな空洞が寄り集まって構成されているので、空気層がたくさんあり
体温が奪われにくい、音をまろやかにする、紫外線を吸収する、光を和らげるなどで
五感に優しいこと

 

などたくさんのくわしい研究データー載せられていて、

また現場の教師や子供たちへのアンケート結果で「足元が冷えない」、「木のいい香りがする」、「明るい」、「居心地が良い」、「生徒が精神的に落ち着くようだ」、「ぬくもりが人への思いやりや、ものを大切にする気持ちを育ててくれる」「ケガが減った」など多くの環境が改善されていることがうかがえる言葉も載せられています。



ウイズダムデザインの家づくりで大切にしていることは


・自然乾燥や低温乾燥の杉、塗り壁、自然素材の断熱材などを用い、その良さを活用する。

・有害化学物質の総量を下げる家を目指しています。(アトピーや喘息などのアレルギー症状の原因のひとつに『新建材』※が疑われています。※『新建材』とは一般の家で使われている、新しい素材や技術を用いて作りだされた建築建材。自然素材以外の人工的につくられた建材。)

・自然との共生で快適に暮らせる『パッシブ設計』を用いながら、Ua値0.48の熱損失の少ない家を提案しています。

・地震に強い家を提案しています。

そこにお住まいになるだけで、「なぜか心が安らぐ」、「よく眠れる」、「体の調子がいい」など「一日頑張ってきた家族が家に帰ってきてリラックス。頭も体も心も休めて、元気になって明日また活き活き活躍できる家」を目指しています


また有害化学物質は子供への影響が大きいと言われています。若い子育て世代の方がi家を建てやすいよう、

・質を下げず建築費を削減する『オープンシステム』

・セミオーダーで建てられる『MY住』などの取り組みをしています。

 




 

 

ウイズダムデザインの施工実績集